今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

お金のありがたみを忘れないで。安易な借入を抑えよう

WRITER
 
カードローンの前に少ないお金を貯金しよう
この記事を書いている人 - WRITER -

周りを見ても、ネットの投稿などを見てもおカードローンなどでお金を借りている人が増えてきているように思います。

確かに車や家など大きな買い物をする際はしょうがないのかもしれません。

それでもそういう大きな買い物をする場合すぐすぐに買わずにお金をある程度貯めてから、もしくは返済の目途(返済の計画)が出来てから買うものだと思うのですが…。

お金を借りている人が増えている?

お金を借りる人が増えている

しかし今はそういう大きな買い物に限らず生活費だったりお洒落のためにそういうカードローンなどに頼る人が多いと思います。

今の若い子たちは、へたすれば大人より大金を持って街に遊びに行っていますよね。

なんというかお金のありがたみというか重みというか、兎に角お金は簡単に手に入るものだと思っているような気がします。

気持ちの自立

お金が欲しいと思えばバイトをすればすぐに手に入るし、お年玉は全て自分のもの。

こんな状態でしたらお金がないからとすぐカードローンなどに手を出してしまうはずです。

少ないお金をじっくり貯めて買い物をするという勉強を若い頃にしてないわけですから。

「欲しい」と思えば、言えば全てが手に入ると勘違いしているためそういう落とし穴にはまって出られなくなる。

こうなったら個人的な問題というより社会的な問題ですよね…こういう若者を作り上げた私達が悪いんですから。

とりあえず小学生や中学生などが親の名義で作ったカードローンやクレジットカードなどで買い物をする世の中だけはなって欲しくないですね。

どこも似たようなサービス内容

どこも似たようなサービス内容

話は変わりますが、カードローンでネット検索してみるとたくさんの金融会社がひっかかりますが、金利やキャンペーン内容は違えどどこも似たような感じにしか見えません?

ここが良いとされている金融会社のサイトはやっぱり大手のテレビCMをバンバン流している会社がオススメされていますね。

各金融会社も自社のホームページを工夫して、いかにわかりやすく安心して利用してもらうかと思考をこらしていますね。

各カードローン会社の企業努力

ちょっとしたミニゲームやブログパーツなどの無料ダウンロードなど楽しめる要素も織り交ぜたサイトもあって、他社との競争の激しさを感じてしまいます。

初めてカードローンを申し込もうと思っている人にとっては比較サイトで上位にランクインしている有名大手金融会社を安直に選ぶというケースが多いのではないでしょうか?

まぁ大手は利用者数が多いので精神的に安心感がえられるという部分もありますし会社自体が大きいから体力的な部分やサービスの充実などもありますよね。

総合的な返済額が変わる

カードローンが利用出来る金融会社は大抵、キャッシングについても利用できるわけですが一般的に短期間で支払い回数を少なく設定したキャッシングより支払い回数が多めで長期間にわたって支払いをしていくカードローンのほうが金利も少なめに設定されている場合が多いようです。

しかし同じ金額を融資してもらった場合、最終的に完済するまでの総支払額というものはやはり長期間のカードローンのほうが多くなります。

毎月の金額を楽にするか総支払額を最低限に抑えるかで好みが分かれてくるようです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です