今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

銀行系カードローンのメリットとデメリットは?

WRITER
 
銀行系カードローンのメリットとデメリットは?
この記事を書いている人 - WRITER -

現在では多くの銀行が消費者金融と同じく一般の無担保ローンという形で、ローンによる貸付を行っています。

信用ある個人や企業への融資とは異なり、 不特定多数の個人に対象を広げたこの銀行系ローンは、一括融資型からカードキャッシング式のローンまで、ローン会社により支払いの形態が異なってきます。

ではこの銀行ローンのメリットとデメリットはどういった部分でしょうか?

銀行系カードローンのメリット

銀行系カードローンの良い点

一番のメリットはやはり利息が安いという点です。

銀行が通常行っている融資に比べると利率は高めですが、殆どの場合10%を下回る利息で借入を行なう事ができるため、 最終的な返済金額がその他のローンと比べ大幅に優遇されます。

また安定した収入があれば融資上限の限度額も、その他のローン会社よりも比較的高く、 上限金額が高ければ高いほど更に安い利息で借入を行う事が可能になってきます。

一定の安定した収入源がある人や、高い利息のローンを利用している人などは、 この銀行系ローンを利用した方が断然お得です。

また、まだいずれのローンを利用した事の無い人なども、可能な限り銀行系ローンを利用した方がお得です。

銀行系ローンのデメリット

銀行系カードローンの悪い点

銀行系ローンのデメリットはやはり審査が厳しいという点です。

消費者金融や信販系のローンと比べると融資を行う際の審査は最も厳しく、収入源や過去・現時点での 債務残額のチェックなど、主に利用者の環境面に渡って念入りに審査を行います。

銀行としては不特定多数の人に低利息無担保で貸付を行う以上当然の事であり、 ローンを利用するためにはこの厳密な審査をクリアしなければいけません。

ですが多重債務者であるからといって、安定した収入の支払い圏内であれば、 ローンを利用できる事もあるため、利息が安いという点も踏まえて、可能な限りこの銀行系ローンを利用する方向で検討するのが、利用者にとっては理想の選択肢といえます。

また殆どの銀行系ローンを利用する場合、給与振込が行なわれている口座を所持している必要があります。

ローンを検討する際に貸付を行っている 銀行の給与振込口座を所持していない場合、該当銀行の口座を作るだけでなく、事前に給与振込口座の変更が可能かどうか、会社に訪ねておく必要も出てくるため、 この場合余計な手間も掛かってしまうため注意が必要です。

銀行が融資するカードローンはなぜ急増をしたのか?

銀行がカードローンに参入してきた理由

以前と比べると銀行系のキャッシング(カードローン)が増えたと思いませんか?

少し前まではキャッシングといえば消費者金融で、 ユニークなCMがゴールデンタイムに流れ、 駅前では常に消費者金融のティッシュが配られていました。

今ではそれと入れ替わったかのように有名芸能人を起用した銀行系キャッシングのCMが流れ、 Yahooのトップページには常にどこかしらの銀行系キャッシング(カードローン)の広告が出ています。

では、なぜ今まで銀行はキャッシング業務を扱っていなかったのでしょうか。

無担保融資のノウハウが出来た

正確に言うと扱わなかったのではなく、ノウハウがなく扱えなかったからです。

銀行の融資は有担保主義、つまり不動産などを「借金のカタ」にすることで貸し倒れ時のリスクをカバーして融資をしていました。

融資先は企業ばかりで、 個人への融資は歯牙にもかけていませんでした。

ここに目をつけた消費者金融が台頭し、大きな利益を上げるようになりました。

銀行も見よう見真似で1980年代に個人向け少額融資に参入しようとしましたが、全く繁盛せず、大量の不良債権を生み出しました。

無担保融資や回収のノウハウが全くなかったからです。

すぐにでも必要だから申し込もうとする顧客に対し「まずは当行で口座を開設して預金を積み立ててください。

その預金額に応じて融資を検討します」と的外れな回答をしたり、審査に一週間以上かかったりと、消費者のニーズからはかけ離れた商品設計でした。

信用情報機関が閲覧出来るようになった

また、消費者金融が設立した信用情報機関の情報を閲覧することができなかったので(貸し倒れ歴などのブラック情報だけは閲覧できた)、 顧客の債務状況などを知ることが出来ずに正確な審査ができなかったことも影響しています。

しかし、2000年代に入ると消費者金融会社を保証会社とする銀行系キャッシング(カードローン)が登場しました。

次第に消費者金融会社自体を傘下に収める銀行も現れ、 消費者金融のノウハウを学んでいきました。

そして2010年の貸金業法改正により、信用情報機関の情報を全て閲覧できるようになり、総量規制の対象から 銀行が外されるなど、銀行にとっての追い風が吹いたのです。

銀行系カードローンのまとめ

銀行系カードローンのまとめ

そして現在のように、キャッシング市場でのシェアを急激に拡大しているのです。

消費者金融は怖いけれど銀行は安心、と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、銀行系キャッシングでも、融資や回収のやり方は消費者金融と同じですし、 消費者金融会社が保証会社となっているケースが大半です。

つまり、万が一返済不能となった場合には、消費者金融会社から督促が来ます。

もちろん消費者金融会社だからといって昭和時代のような暴力的な取立てはしませんが、相手が銀行でも消費者金融でも、「借金をしている」という緊張感を忘れずに、 計画的な借入と返済をすることが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です