今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

返済日は絶対厳守!ブラックリストのデメリット

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

消費者金融と上手に付き合っていくためには絶対に行っていけないのが、返済を忘れてしまうといった遅延行為です。

消費者金融会社にとって返済日というのは、 確実に厳守するという絶対的なものです。

これはどの消費者金融会社を利用していても同じだと思ってよいでしょう。

そこで今回は返済期日を遅延してしまった際の、デメリットについて簡単に紹介していきたいと思います。

返済日は絶対厳守!

返済日は絶対厳守!

返済日の遅延をすることで起こりうるデメリットの代表的なものとしては「遅延損害金が発生する」「家族や会社にバレる可能性が高くなる」「ブラックリストに掲載される」 などがあります。

遅延損害金とは決められた返済日を守らなかったことに対する、損害を賠償するという意味であり、返済予定日から遅れた日数分だけの遅延金が実際に発生 します。

また家族や会社にバレる可能性としては、消費者金融が親や会社に直接連絡するという事はまずありませんが、 返済の遅延により担当者からハガキでの督促状の送付が必ず行われます。

それを家族などに見られる事でバレる可能性は否定できません。

ブラックリストのデメリット

ブラックリストに入ると他社からも借入が出来なくなる

遅延のデメリットとして最も注意しなければならないのが、ブラックリストに掲載されることです。

実際に明確なブラックリストというものは存在しておらず、 正確いうならば信用情報機関に要注意人物という情報が、登録されてしまう事をブラックリストに載るといわれます。

この俗に言うブラックリストに登録されてしまうと、 一定の期間は新たな借金をすることも出来なくなるだけでなく、新規クレジットカード発行が出来なくなる可能性が高くなり、また自動車ローンや住宅ローンを組むことも 当然不可能です。

ただし消費者金融に対する返済日がわずか1日や2日遅れたくらいではブラックリストに登録されることはまずありませんので過度の心配は無用です。

明確な期間の定めはありませんが、一般的には3ヶ月間滞納した場合に、ブラックリストに登録されると言われているため注意が必要です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です