今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローンの返済方法は「一括払い」や「リボ払い」がある

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ローンを返す方法とは

カードローンの支払い方法は期日に全額を一括でローン返すを行う一括返済と、元本に対し利息を含めて一定の金額を返済していくリボ払いという2つの返す方法が存在します。

現在多くの消費者金融では後者のリボ払いでの返すのが一般的です。

一括でローン返す方法の仕組み

一括でローン返す方法の仕組み

ローンを返す方法は契約と同時に話し合いを行い定めますが、一括で返すは比較的古い形の返す方法です。

毎月の支払いは利息だけを行い、 指定された期日に借り入れ金額のローン全額を返す方法がこの一括返済に該当しますが、この返す方法には様々なトラブルが発生します。

そもそも元本の金額が大きいため、計画的にお金を貯めなければならずローン返す日に元本金額を所有しておらず返すのが行えなくなったり、利息を滞納し即座に一括で返すを求められたりなど、様々なトラブルと計画的に お金を管理する必要が生じます。

毎月ローンを返す金額は利息分だけでよいため、最終的な元本の支払いを除けば毎月の出費は少なくて済むという点が、一括で返すの メリットであり、また金銭管理もシビアな部分が要求されます。

慎重にローン返すのを行うという利用者の意識部分の向上も、実は一括で返すの隠れたメリットの 一つとなっています。

このローン返す方法を行う返済は比較的減少傾向にありますが、一部の小規模の金融会社ではこのローン返す方法を行う場合もあるため事前に注意が必要です。

リボ払いでローンを返す仕組み

リボ払いは返済額が少ない

リボ払いとは利息を含め元本を毎月少しずつ返していくローン返す方法です。

メリットは期日までに一括返済を行う必要がなく、毎月定期的に一定金額を返する事で、 ローンの支払いが完了するため、金額を貯金する事など難しい金銭管理が不要な点や、銀行口座を利用した指定口座への振替など、ローン返すの支払いを直接行わなくて済む 事が多く便利な点です。

また、このリボ払いだと結果的に貸し付けを行う側にとっても、一括でローン返すの際に支払いを行えず貸し倒れとなるリスクを減らす事に繋がるため、 現在多くのローン会社ではこのリボ払いが一般的です。

万が一のローン返すのトラブルを少しでも回避するための手段として、支払額の銀行引き落としなども 対応済みのローン会社が殆どです。

リボ払いはメリットがある一方でハマるとリボ地獄というデメリットに陥る事もありますのでご注意下さい。

「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」

「元利均等返済方式」と「元金均等返済方式」

消費者金融で借りたお金を返すときには、大きく分けて2つの返済方式があるということをご存知でしょうか。

この2つの返済方式とは、元金均等返済と元利均等返済のこと。

どちらにもメリット・デメリットがあり、無理のない返済計画を作るためにはこの2つの返済方式の特徴をしっかりと理解しておく必要があるのです。

元利均等返済方式

まず元利均等返済方式ですが、この方式は借りたお金(元金)に利息をたしたものを均等に分割し、毎回一定の返済額を返済完了まで支払い続けるというものです。

毎回の返済額がずっと一定であるため、返済プランがとても立てやすいというメリットがある半面、一度返済額が決まると手元の資金に余裕があっても返済金額を増やすことができないというデメリットがあります。

また長い目で見ると、もう一方の元金均等返済方式よりも利息を多く支払わなければならないことになります。

元金均等返済方式

またもう一方の元金均等返済方式は、返済期間を通して、元金返済部分と利息部分を合計した毎回の返済額が一定となるように計算された返済方式。

返済当初は返済金額が大きくなるというデメリットがありますが、元利均等返済方式よりも元金部分の返済が早く進むため、返済総額を抑えられるというメリットがあります。

このほかにも、まず最初に毎月の支払額を一定に定めてローン利用金額によって返済回数が決まるリボルビング返済方式(通称リボ払い)という返済方法もあります。

金融会社によって設定されている返済方式が違いますので、契約時にはきちんと確認することが重要です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です