今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローンの申し込みに必要なものは主に2点

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

今やインターネットを介して簡単に申し込めるようになったキャッシングの利用。

消費者金融各社のホームページ上の申し込みフォームに必要事項を入力し、送信すれば申し込みの手続きが行えるようになっています。

しかし、こうした申し込みフォームの入力以外に、キャッシングの申し込みではいくつか準備しなければならない書類があります。

申し込みに必要なもの

カードローンに必要な書類

カードローンの申し込みで必要とされるのは主に2種類で「本人が確認出来る証明」「収入が確認出来る書類」になります。

また、カードローン会社によって就業先への在籍確認を行うところがあります。

他にもWEB完結で会社等への電話確認もなく書類のアップロードだけで契約が終わる会社もあります。

ひとまず準備するものについて詳しく説明をさせて頂きます。

本人確認書類の準備

キャッシングの申し込みに必要な書類とは、まずは申し込み者が本人であるかどうかを確認できる、健康保険証や住民票・パスポートなどの本人確認書類です。

いずれも有効期限内、もしくは現在有効なものでなければなりませんので注意してください。

必ず本人の氏名と生年月日、住所が確認できるものでなければ無効となります。

収入を証明できる書類

また、会社によってはこうした本人確認書類以外に現在の収入を証明できる書類の提出を求めるところもあります。

たとえばまとまった金額の融資を受けるような場合には、源泉徴収票や税額通知書、所得証明書、確定申告書などの写しの提出が必要な場合があります。

こうした書類はすぐに準備ができない場合がありますので、急いで融資を受けたいという場合には注意が必要です。

インターネットからキャッシング申し込みをした場合には、こうした必要書類は金融会社に郵送するか、またはファックスで提出することになります。

中には携帯電話のアプリを使ってその場で書類を確認してくれるような会社もあるようです。

いずれの場合も、入力に虚偽があったり書類に不備がある場合には、手続きが遅れて融資を受けるのが遅くなってしまう可能性がありますので、申し込み時には必ず確認するようにしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です