今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローンを利用する前に注意したい借入のルール

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

テレビゲームをする時に、ルールを知らないで楽しむことが不可能です。

操作方法も分からなければ、すぐにゲームオーバーになってしまうと思います。

これはキャッシングでも全く同じことが言えます。

何も考えずにお金を借りることは危険ですから、ぜったいに避けましょう。

自分なりにで良いので、多少は勉強をしておくことが大事です。

それが出来なければ、キャッシングは諦めるようにしましょう。

一番考えておかないといけないのは、利息についてです。

これはお金を借りれば必ず発生するものですから、シビアに考える必要がありますね。

注意したい借入とは?

注意したい借入とは?

少しでも自分が有利になる利息のところを選ぶようにしましょう。

以前と比べれば、かなり良心的な利息設定が増えています。

これは利用する側としては嬉しいことです。

信頼できるキャッシング会社を見つけて、お金を借りてください。

ちょっと怪しいと感じたところは、避けるようにしたほうが無難です。

分からないものには手を出さない、それがトラブルに巻き込まれない秘訣でもあります。

大事なことですから、しっかり覚えておいてくださいね。

リボ払いなど、使い方を間違えなければ便利なシステムも多いです。

たとえばボーナスで一括で支払いたい場合には、こういったリボ払いで「時間稼ぎ」することも大切です。

リボ払いは資金管理が得意な人にとっては、本当に便利なので一度チェックしてみましょう。

キャッシング会社にとってもリボ払いは力をいれているサービスなので、それぞれ特色があることが多いです。

インターネット利用すれば、各社を比較することはラクですね。

キャンペーンを行っているキャッシング会社を狙うのもポイントです。

少しでも有利な条件になるよう、出来ることは全部行っていきましょう。

融資を受ける際に、必ず契約書の取り交わしを行います。

そこにはキャッシングのルールが全て記載されているので、面倒だと思わずしっかり熟読しましょう。

そういった知識が、必ず役に立つときがきます。

事前にチェックすること

キャッシング会社から借入を検討する前に事前にチェックしておきたい事として、利用者の金銭管理の意識というのが必要になってきます。

例えば家庭で主婦がつけている家計簿は、何のために行っているのでしょうか?それは金銭管理のためです。

会社を経営する場合も金銭の出納を詳細に記入する必要 があり、金銭管理は現代で生活するために必須の能力となっています。

金銭管理と聞いて家計簿の複雑な数字をイメージしてしまい、 拒否反応の出る人などは注意が必要です。

何故ならキャッシングローンを行えばそれなりの金銭管理というのが求められてくるからです。

金銭管理とは?

収入と支出のバランス

金銭管理は難しく考える必要はありません。

基本は収入-支出です。収入はサラリーマンの場合殆どが、会社の給料ということになり、その金額は一定しています。

それに対し出費は、家賃・光熱費・食費が主体となり、その他にも様々な支出が発生します。

そしてローンを利用すればこの支出の項目に、 毎月安定して返済金額というのが加わり、収入-支出で最低限収入が上回っていなければ、返済を行っていく事は不可能です。

毎月の支出を安定させる

支出の計算を行う際に、 実際に細かい詳細の計算を行えば管理が複雑になるため、数字に弱い人は嫌気が指してしまいます。

しかし最も簡単な金銭管理はどんな人でも行う事は できるのではないでしょうか。

この簡単な方法とは収入の金額から実際に使った金額を引けば良いだけです。

毎月の引かれる金額が毎月変動しているのであれば、 その原因を探り少しでも変動の幅を小さくするだけで、支出というのは安定してきます。

この支出の幅を安定させる事こそが簡単な金銭管理です。

キャッシング会社のローンを検討する前に、まずこの無駄な出費の原因を探り、毎月の支出を安定させる事は最低限の必要項目です。

出費に幅があるからこそ毎月の支出 が不安定となり赤字を産みだします。

もし仮にこの状態でローンの借入を行ったのであれば、不安定な支出が原因で更に借金が膨らむ可能性もないとはいえません。

金銭管理を難しく考えず、まずはこの支出の安定という部分に着目し、一度改善を行ってみてはいかがでしょうか。

自分の意見をしっかり持つこと

無計画でカードローンは利用しない

日本人に多い傾向として、その場の雰囲気に流されることがあります。

これは日本人が高い協調性を持っている為に起こる弊害と言えるかもしれません。

キャッシングにおいても、そういった雰囲気に流されてしまう人がいます。

具体的にいくつか例を挙げたいと思います。

まず多いのが、キャッシングをノープランで借りるというケースです。

これはコマーシャルで流れているキャッシングの気楽な雰囲気に騙されていると思います。

誰でも一度はキャッシングのコマーシャルを見たことがあると思いますが、どれも有名人が出演してやわらかい印象をアピールしています。

とても借金をしている雰囲気ではありませんよね。

これによって、心理的な抵抗を下げる効果があります。

「コマーシャルでやっているから安心」という感情にさせてしまうのです。

これは現代のPR方法のセオリーと呼べる手法ですから、ハマっている人は大勢います。

自分の周りにキャッシング利用者が多いと、ちょっとしたことで利用したいと思うようになります。

これも完全に周りに流されていますね。

他人が利用していようと、自分には関係ないことのはずです。

少しお金が足りないなら我慢することが基本だと忘れないでください。

キャッシング中毒になってしまうのが、一番困る展開です。

こうなってくると、他人の忠告などまるで耳に入りません。

お金を借りて何が悪いんだと、逆ギレするケースも少なくないようです。

ここまでくると、精神的にも依存度はかなり高いと思います。

専門機関に相談するなどして、解決を目指しましょう。

こうした悩みを持っている人は日本中にたくさんいます。

したがって、情報交換をしようと思えば、いくらでも対象者が見つかると思いますよ。

最近ではインターネットを利用した交流も増えているようです。

最初にも言いましたが、雰囲気に流されてはいけません。

冷静になって、正しい判断をするようにしてくださいね。

そうした検討をして必要だと思ったら、キャッシングを賢く利用しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です