今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローンの目安と主婦の借り入れについてまとめました

WRITER
 
カードローンは主婦でも借りれる
この記事を書いている人 - WRITER -

根本的にローンというのは、収入によって限界が決まってくると思います。

これは極端に考えれば分かることですが、年収300万円の人が1億円の借金を返済出来るはずがありません。

貸す側の立場になれば、そんな無理な融資をするメリットが少なすぎるということです。

今回はあくまで参考程度に、ローン上限の考え方を紹介したいと思います。

カードローンの目安

ボーナスが目安

そもそも、無理のない返済プランを立てることが理想だと思います。

無理がない事をポイントにすると、「ボーナスで返済できる金額」というのが目安になると思います。

もちろんこれは、住宅ローンや自動車ローンのケースを除きます。

普通にブランド品が欲しかったり、イベントに参加するためにキャッシングをした場合です。

短期的な返済が理想

ボーナスで完済できるというのは、精神的にもかなり余裕が出来ると思います。

基本的にボーナスは年2回あるものですから、返済期間も短くて済みますね。

必要以上に長期間のローンを組むと、やはり気持ちの良いものではありません。

短いほうが気楽にローンを利用できると思います。

クセにならないよう注意

学生ローンも最近では多くなってきています。

キャッシング会社のなかには、学生ローン専門店も存在しています。

ローンを利用するにしても、学生はせいぜい10万円程度が限界だと思います。

収入源はアルバイトしかありませんから、10万円の返済でも大変だと思います。

それに学生時代から借金をクセにするのは良くない傾向です。

抵抗感はある程度持っていた方が良いです。

「とりあえずローンを組もう」という考えでは、一生お金に困ることになるでしょうね。

ローンというのは、利用にメリハリを付ける必要があります。

クスリと同じで、必要な時だけ利用するべきです。

平常時に無闇に利用すると、カラダを壊すことに繋がっていきます。

ローンについての考え方は、色々な人が提案しています。

内容がみんな違うので、複数の人の意見を聞くことも大事です。

自分が1番納得する考え方を取り入れましょう。

それを取り入れた結果については、自己責任だと覚悟が必要ですけどね。

主婦は借入できない?

主婦でも借入できる?

2010年の貸金業法改正によって主婦がお金を借りられなくなる・・・。

テレビや新聞でセンセーショナルに取り上げられ、これからどうすれば・・・、 とモザイク処理をされた主婦が不安を語る映像がワイドショーで盛んに流されました。

正確に言うと、主婦への融資が禁止されたのではありませんが 「配偶者貸し付け」という特殊な方法で審査をすることが必要となりました。

今までとの違いは以下の通りです。

配偶者の了承が必要になった

今までは夫に内緒で契約をすることができましたが、現在は書面での同意書と婚姻関係を証明できる書類(住民票など)の提出が義務付けられています。

配偶者の信用情報が調査され、信用情報を夫婦で一体管理されるようになる

以前は夫の信用情報は取得せずに、妻の信用情報のみを参考にして審査をしていました。

なぜなら信用情報の調査には本人の同意が必須なので、 貸金業者が申込人以外の信用情報を勝手に見ることは許されないからです。

法改正に伴い、妻本人の信用情報に加えて夫の了解を得て夫の信用情報を取得し、 信用情報は夫婦で一体管理されます。

つまり、夫婦の合計年収の3分の1までに借入が制限されるようになります。

例えば夫の年収が300万円で妻が専業主婦だった場合、 妻に一切借入がなくても夫に100万円の借入があれば妻への融資は否決されます。

大半の主婦は配偶者には内密で申し込みをしており、審査の手続きも煩雑になるため多くの貸金業者が主婦への融資から撤退したので、事実上借りられなくなったのも 同然なのです。

主婦がキャッシングを利用するための手段は2つあります。

1つは夫名義のクレジットカードの家族カードを作ること。

ただしこれは借入の明細が夫に届くので 、内緒にしたい方には向きません。

最後の手段は銀行系のカードローンです。

銀行には貸金業法が適用されないので、夫の同意がなくとも借りられる商品が大半です。

ある銀行に問い合わせをしてみたところ、夫の同意も夫の勤務先への在籍確認も必要ありませんでしたが上限額が低く設定されていました。

主婦向けキャッシングカードを発行している銀行は少なくないので自分にぴったりの商品を探してみましょう。

お金を返す意思の持ち方

キャッシング会社を利用することに慣れてくれると、「返済をするぞ!」という意志が弱くなってきます。

これはどんなにマジメな人でも感じることだと思います。

人間というのは、環境に慣れる生き物ですからキャッシングにもしかり順応します。

これは良い部分でもありますが、悪い部分も兼ね備えています。

なぜなら、うっかりして返済が滞ることもあり得るからです。

返済に関するトラブルは、厄介なことに繋がることが多いです。

お金の貸し借りというのは、お互いの「信頼」で成り立っています。

返済を忘れるというのは、この非常に大事な「信頼」にヒビが入るという事です。

これは修復するまでに時間がかかりますし、次の融資に影響を与えることもあります。

あまり甘く考えていると、キャッシングは痛い目にあうので注意が必要です。

返済するという意志を強く持ち続けるには、ハッキリと返済額を把握することが大切です。

毎月払う金額を紙に書いて、自分が毎日見るところに貼っておきましょう。

そうすれば、絶対に忘れることはありません。

また目標もハッキリしているので、返済に対するモチベーションも維持できると思います。

精神的に余裕をもって返済することも大事です。

これは無理のあるプランを立てないという事です。

最初にキャッシング会社と相談するはずですから、じっくり考えて返済プランを立てるようにしましょう。

返済プランというのは、目的地に行くための地図です。

デタラメな地図では、当然のことながら迷子になってしまいます。

あとは、ある意味ゲーム感覚で気楽に取り組むことです。

ストレスがかかる状態では、力を発揮できません。

リラックスしてお金を返すのは大事なことですね。

こうした方法を取り入れても返済が上手くいかない場合には、キャッシングの利用を控えるようにしましょう。

世の中には色々な性格の人がいます。

その中には、キャッシングに向かない性格の人もいるのです。

自分自身が一番分かると思います。

無理だと感じたら、利用しないのは鉄則です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です