今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

おまとめローンで複数利用を1本かする時の注意点

WRITER
 
おまとめローンの注意と意味
この記事を書いている人 - WRITER -

債務者にとっては毎月の支払い額を大幅に減らす事が可能なローンの一本化です。

おまとめローンという形で大手消費者金融などもこの一本化を目的とした、 ローンの取り扱いを行っていますが、一本化を行う前にまず自分の足元を見つめなおす必要があります。

おまとめローンで一本化を行う前に

おまとめローンで一本化を行う前に

そもそも何で多重債務者となってしまったのでしょうか?

多重債務者となる理由の多くは利用者の浪費です。

自分の容量を越えた浪費を慢性的に行った結果が、 この多重債務という結果に繋がっています。

もし、この浪費癖を直さずにローン一本化を行ってしまった場合どうなるでしょうか?

また新しいローンからお金を借り、 再度借金が膨れ上がってしまう事に繋がります。

そうなってしまっては元も子もありませんよね。

そのため多重債務者にとっては、 ローンの一本化を行う前にこの浪費癖を直す事が重要です。

計画的な返済の意味をよく考える

計画的な返済の意味をよく考える

ローンの返済で重要なのは計画性です。

自分の収入から返済金額を割り当て、継続して返済を行っていかなければなりません。

当然の事ながら贅沢は厳禁となり、 ギャンブルなどの出費はもっての他です。

まずは自分の収入と支出をもう一度見つめ直し、明確な返済計画を立てる事が重要です。

浪費の原因は何であるかを冷静に分析し、その原因となる部分を確実に認識し取り除いていかなければなりません。

この事を踏まえ継続して計画的な返済を行う事ができてから、次のステップとしてローンの一本化という道が開けます。

ローンの返済に近道というのは原則ありません。

近道と感じる事はあってもそれは危険な誘惑となり、利用者の油断を生み出す結果に繋がる事がほとんどです。

自分自身の棚卸は明確に

支出と返済額は見合ってる?

また自分の支出と返済額が見合っていない場合は、ローンの一本化以前の問題となってきます。

多額のローンに一人で悩む事の多い日本人の性格が、 悪い方に働いた場合更に深みに嵌っていく事も考えられるように、自分の容量を越えた金額の返済というのは現実に不可能です。

そうなってしまう前に友人や家族など、 相談できる人に相談し早めに解決策を考える事も一つの方法です。

ローン一本化というのは返済に向けて有効なテクニックですが、 その前にまずは借金と自分自身を見つめ直す時間を持ってみてはいかがでしょうか。

数社からキャッシングすると・・・

複数社からの借り入れ

人間の管理能力というのは、思っているよりも曖昧であることが多いです。

キャッシングのように確実に約束を守らないといけないものは、複数個所から借りるのは避けるようにしましょう。

最初のうちは返済も確実に出来ると思いますが、あまりにも量が増えると管理が難しいです。

返済の滞納は絶対にやってはいけない行為ですから、甘く見ないほうが良いですね。

複数のキャッシング会社から融資を受けないというのは、最低限守るべきルールです。

これさえ守っていれば、支払いで苦しい思いをすることは少ないと思います。

カードローンの利用に慣れてしまう

ローンの複数利用はエスカレートするので注意

キャッシングには段々とエスカレートする傾向があるので注意が必要ですね。

たとえば、最初は5万円借りるのでも抵抗があるものです。

ところが何度も借りることで、数十万円単位で利用しても抵抗が無くなることがあります。

ここまでくると、「他社も利用すればもっと借りれるな」と安直な発想をしてしまいがちです。

多重債務の危険性

多重債務の危険性

何度も言いますが、そういった多重債務は大変危険な行為です。

キャッシング会社にはブラックリストというものがあります。

このリストには、今まで返済でトラブルがあった人などが明記されています。

そして多重債務者は間違いなくピックアップされますね。

要するに、キャッシング業界からマークされるという事です。

こういう状況になると、融資も自由に受けることが難しいと思います。

申請内容によっては、却下されるケースも出てくるでしょう。

自分の収入に見合った融資を受けるというのは、キャッシングを利用する際の基本中の基本です。

おまとめローンのまとめ

おまとめローンのまとめ

最近はキャッシング会社の審査も厳しくなっているようです。

これからの時代では、多重債務をする人は今まで以上に敬遠されると思います。

それだけ業界としても苦しいという現実がありますね。

利用する側としては、これは良い傾向だと思います。

こうやって審査が厳しくなることで、自己破産などをする人が減るのではないでしょうか。

当然、自分自身で抑制出来るのが一番良いことに変わりはありません

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です