今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

キャッシングの歴史と反面教師でちょっと怖い話

WRITER
 
キャッシングのちょっと怖い話
この記事を書いている人 - WRITER -

キャッシングとは、担保や保証人が不要の少額融資のことです。

今ではすっかりお馴染みですが歴史は意外と浅く、登場したのは1960年代、高度成長期のときです。

この頃は日本初のクレジットカードが発行されるなど、経済成長に伴う旺盛な消費欲を補うために個人向けの金融が発達した時代とも言えそうです。

現在は銀行系キャッシングカードが花盛りですが、当時の銀行には庶民に融資をするという発想がありませんでした。

お金が必要なのに貸してくれるところがない、質屋に持って行けるような品物は持っていない・・・。

この様な資金需要に目をつけたのが消費者金融です。

消費者金融の歴史

キャッシング会社の歴史

当時はまだ消費者金融という言葉は無く、サラリーマン金融、勤め人信用貸し、団地金融などと呼ばれていました。

当時、団地に入居するには所得審査が必要で、 団地に住んでいるということは一種のステータスでした。

現在風に言えば、セレブしか住むことができなかったのです。

つまり、団地に住んでいる=高所得者という構図を上手く利用し、滞りなく返済できる可能性の高いエリートサラリーマン層への融資を開始しました。

消費者金融は、銀行が見向きもしなかった顧客層を発見して急成長を遂げたニッチなベンチャービジネスだったのです。

今では考えられないですが、100%を超える金利で融資をしていたにもかかわらず行列ができるほどの人気だったそうです。

法律や規制がしっかり出来ていなかった

しかし、急成長したゆえに法律や規制が追いつかず、1970年代には暴力的な取立てや悪質な融資が社会問題化しました。

ここで「サラ金」に対しての悪いイメージが定着し、現在まで引きずっているのです。

健全な業界運営を目指し、1983年には貸金業規制法(現貸金業法)と 出資法一部改正法案が成立しました。

貸金業規制法は、業者を登録制にするなど消費者金融業者に向けた初の法律といえます。

そのときの上限金利は75.00%で、 その後段階的に引き下げられました。

金融会社の躍進と衰退

1990年代に入ると株式上場を達成し、社会的な信用と莫大な利益を得る会社も現れ、 消費者金融のCMやティッシュや看板が街中に溢れ、正に飛ぶ鳥を落とす勢いでした。

2000年代前半には、銀行が個人向けキャッシングローンに参入し始めました。

しかし、2010年に貸金業規制法が改正され、貸付金額の総量規制や審査の厳格化が義務付けられました。

追い討ちをかけるように過払い金返還が増加し、 消費者金融会社は軒並み収益を低下させています。

中小消費者金融の倒産が相次ぎ、大手でさえ銀行の傘下として生き残る選択をしているところが大半です。

今日では、貸金業法の規制を受けない銀行系のキャッシングローンに人気が集まっています。

キャッシング=サラ金というイメージはもう過去のものになりつつあるのかもしれません。

カードローンのちょっと怖い話

カードローンのちょっと怖い話

キャッシング関係で人生を壊してしまった人の話を、稀に聞くことがあります。

ほとんどの人が無計画に利用して、多重債務に陥るパターンです。

今回は反面教師として、そういった事例を紹介したいと思います。

カードローンを利用するきっかけは?

キャッシングを利用するキッカケは、本当に些細なことであるケースが多いです。

ブランド品が欲しい、旅行に行く資金としてなど多岐に渡りますがどれも単純なことです。

もっとも最悪なものは、「パチンコで稼ぐためにお金が欲しい」「競馬で一攫千金を狙う」というギャンブル関連です。

こういったギャンブルが動機になっていると、キャッシング中毒になりやすいですね。

そもそも借金をしてまでギャンブルをする時点で、中毒にかかっていると言えます。

二重の中毒で精神状態はボロボロでしょう。

徐々にメンタルが崩壊していく

こうした精神的に不安定な人がキャッシングを利用すると、生活を崩壊させることになります。

ギャンブルで勝つことは基本的には出来ません。

詳しく話すと長くなってしまうので簡単に言いますが、ギャンブルは胴元が儲かるシステムだからです。

どんなにお金を注ぎ込んでも、リターンを期待することは難しいですね。

こういった話を冷静な状態で聞けば、すんなり納得できると思います。

しかし、ギャンブル中毒になっていると依存度も高く判断力が鈍くなるので理解できません。

他人がギャンブルは良くないと説明しても、「次は必ず当たる!」と思い込んでしまいます。

そもそも、ギャンブルをしている状態で精神を落ち着かせているので、根本的な部分を解決しないとどうすることも出来ませんね。

キャッシングの歴史まとめ

キャッシングの歴史まとめ

話をキャッシングに戻しますが、今説明したように中毒の人は借金するべきではありません。

一社から借りるだけなら、さほど大きな金額にはならないでしょう。

しかし、一社目のお金が返せなくなった時に別のキャッシング会社を利用したらアウトです。

これは多重債務者となって、ブラックリストに載ることも覚悟しなければなりません。

最悪の場合、「自己破産」という選択肢を選ぶことになりますね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です