今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローン審査の甘い会社を検索する前に知っておきたい知識

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

「審査の甘いキャッシング」「ブラックOKのカードローン」などの文章がインターネット上に溢れています。

何社も立て続けに融資を断られ、 審査の甘い会社から借りたくなる気持ちは分かります。

でもここで、キャッシングとは何かを原点に戻って考えて見ましょう。

キャッシングでの審査が甘いとは?

キャッシング審査が甘くても借金

「キャッシング」と聞くと、 横文字で親しみやすい雰囲気がありますが、日本語で平たく言えば借金です。

つまり、いつかは利息をつけて返さなければならないお金です。

キャッシングを利用する側から見ると、いくら借りられるかが大事なポイントですが、会社側はいくら返してもらえるかという返済能力を重要視しています。

つまり、融資を断られるということは返済能力が不十分と判断されているということです。

もし断られたのが一社のみであれば、 その会社独自の審査基準に引っかかってしまったとも考えられますが、何社も断られるようであれば自分自身の問題である可能性が高いです。

こうなってしまったら貸してくれる会社を必死で探すよりも、自分の返済能力を素直に認めて返済計画を立て直す良い機会と捉えた方が将来的に プラスになるのではないでしょうか。

多重債務には気を付けましょう

多重債務には要注意

概して審査の甘い会社は回収が厳しいです。

契約者が複数の会社から借りていることも返済能力が低いことも把握しているので、 返済不能になる前に優先的に自分の会社に払うように圧力をかけてきます。

その圧力に耐え切れずにまた審査の甘い会社から借りることを繰り返していると、 あっという間に多重債務者になってしまいます。

いよいよ貸してくれる会社が全くなくなり親族や法律事務所に泣きついたとしても、 件数や金額が多ければ多いほど手間もお金もかかります。

傷が浅いうちに手を打っておけば大事にならずに済んだかもしれません。

計画的に借りるのが大事

ご利用は計画的に

もちろん審査の甘い会社を全否定するわけではありません。

どうしても急な出費があるときなどは重宝するでしょう。

審査が甘くても厳しくても、 キャッシングとはお金を借りることで、いつかは利息をつけて返さなければならない、返済の当てがなければ借りない、 という基本的なことを忘れないようにしましょう。

返済が出来ないようになってしまうと、自己破産や個人再生をする必要が出てきます。

気をつけないといけないリボ払いの仕組み

リボ払いは便利だけど返済意識は忘れずに

利息をなるべく多く取りたいキャッシング会社と月々の支払いをなるべく少なく抑えたい利用者の利害が一致していることから、 リボ払いは広く普及しています。

リボ払いが多重債務者を生んでいるという考え方も存在しますが、毎月の支払い負担が少ないため、 借金をしているという感覚が薄れてしまうことが原因のひとつとでしょう。

リボ払い地獄の例

例えばある銀行系キャッシングの毎月の返済額は10万円以下であれば3千円です。

欲しいものがあって5万円をキャッシングしても、毎月3千円程度の返済であれば生活に 大きな支障はないでしょう。

追加融資をして残高が30万円まで増えたとしても、毎月の返済額は5千円です。

残高が25万円も増えたにも関わらず、返済額は2千円しか上がり ません。

次第に、返済の大変さよりもすぐに現金が手に入る便利さの方に目が行くようになり、借金をするというより預金口座から引き出すような感覚になってしまいます。

しかし、請求額どおりの金額を入金しても残高がなかなか減りません。

それもそのはず、30万円を借りて5千円を返済した場合の元金充当分はわずか1425円 (金利14.5%の場合)。

残高はまだ29万8575円もまだあります。

ほとんど利息ばかりを支払っていることに気づかず借り続けていると、あっというまに残高が恐ろしい 金額となり、限度額一杯になってしまいます。

ここで気持ちを切り替えて返済計画を立て直せばまだ間に合いますが、すぐに現金が手に入る便利さに味をしめて2社目、 3社目と手を出し、最初は数千円だった返済金額が何万円にも膨れ上がってしまうと生活にも支障が出てきます。

しかもその金額を払い続けても、完済までに何年もかかって しまうことがわかり、精神的にも追い詰められるようになります。

返済が厳しいときには他社から借りて返し、結局は借金が増えるという 悪循環に陥ってしまいます。

カードローン会社からみれば上客

キャッシング会社からすれば利息をたくさん支払ってくれる上客ですが、利用者としてはたまったものではありません。

指定された金額をただ支払うだけではなく、元金にはいくら充当されて残高はいくらになるのかも意識し、余裕があるときには多めに支払う習慣を身に つけることをお勧めします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です