今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローンの審査が通らない理由

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

折角思い切って融資を受けようと決断したのに肝心の審査に通らなかった、こんな経験のある方は意外と多いのではないでしょうか?

色々と悩んで決断を行ったのに、 審査に落とされ融資を受ける事ができなければ元も子もありません。

審査に落とされる理由には色々あるようですが、具体的にはどういった理由があるでしょうか?

一般的に考えられる事例をここでは紹介して参ります。

目安はやはり年収の3分の1

借入は年収の3分の1

多重債務など多額な借金があると、審査に通る事はやはり厳しいといえます。

具体的には融資会社の数を問わず総量規制に該当する年収の3分の1以上の借金がある場合、 厳しいと考えて良いでしょう。

総量規制はあくまでも目安ですが、借り手側も最低限この金額を越えないように借金を管理する事は必要であります。

借金が一定の金額に 落ち着くまでは節約を行い、通常よりも根気を入れて返済を行う必要があるのではないでしょうか?

もし毎月の支払いが厳しいのであれば、おまとめローンを検討し 毎月の支払い額を減少させる工夫を行うなど、借金申し込み以外にするべき事があるはずです。

お金の使い道は明確に

審査の際に必ず聞かれる項目というのがあります。

それはお金の使い道です。

クレジットカードのキャッシング枠などの自動ローンを除き、融資会社から融資を 受ける以上お金の使い道というのは明確に決まってなければなりません。

この使い道をはっきりと伝える事ができなければ融資の可能性は低いといえます。

融資会社が 恐れているのは浪費目的の相手に融資を行い、借金が膨れる事によって借金が焦げ付くリスクは回避しなければいけません。

当然浪費目的と判りきっている相手に対し、 積極的に融資を行ってくれる融資会社などは存在しません。

また審査の際には面と向かって対峙する事で、お金の使い道に嘘をついていないかも確実に見られます。

借りる以上は明確な目的があるはずです。

融資希望者も聞かれるとわかっている以上、質問を想定し上手く答える事ができるように、事前に内容をまとめておけばすんなり 言えるのではないでしょうか?

この使い道がはっきりと伝える事のできない内容であれば、むしろローンを申し込む事は控えた方が賢明といえます。

焦りは厳禁、行動には計画性とゆとりを

人柄や印象も審査には大事

お金を借りる以上なにかしら理由が存在するはずです。

しかし状況が逼迫し焦ってしまうと、人間というのは焦りという形で態度に表れてしまいます。

電話の応対が雑になり、審査の段階で利用できるローンの金額や、いつから借りる事ができるのかなどつい余計な事を聞いてしまう行動に出てしまいます。

この焦りをローン会社に悟られてしまうと、ローン会社は将来的なローンか希望者の浪費や貸し倒れの想像に繋がります。

審査を行う際は行動に焦が生じないよう、 時間を確実に確保し計画性をもって審査に臨む事が重要です。

最低限の社会人としてのマナーを心掛ける事

一般社会人の収入源は会社務めでの安定した収入つまりは仕事です。

仕事を継続して続けて行く上では最低限の社会的マナーは必須であり、それに欠けている人間は 継続して働く事は困難です。

つまり審査の段階で見られる点は、継続していまの収入の仕事を続けていく、社会人としてのマナーを備えているかどうかは、 確実にチェックされています。

社会人として必要な最低限の敬語が使えない、連絡スムーズにいかない、予定していた審査の時間に遅刻するなど、相手に不信感を 抱かれてしまう社会人としてのマナーは、当然の事ながらNGです。

最低限審査が終わるまでは、社会人として常識のある行動と、貸し手の機嫌を損ねる事のない、 謙虚な態度で審査に臨む必要があります。

審査が通らない理由まとめ

審査が通らない理由まとめ

お金を借りる以上貸し手と借り手という立場が存在してきます。

常識的に考えてどちらの立場が上でしょうか?

やはりお金を貸す貸し手側、つまりはローン会社が 立場上有利という事は誰にでもわかると思います。

こういった少し考えれば誰でもわかる常識を理解していながらも、行動できない人物と判断されてしまうと、 将来的な返済面でどうしても不安が残ってしまい、ローン会社は審査で落とすのが一般的です。

言い換えればローン会社の機嫌を損ねたり、信用を失う行動を審査の 段階で行なってしまった場合、審査に落とされる理由となってしまうのです。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です