今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

カードローンの成功談と失敗談をまとめました

WRITER
 
カードローンの成功と失敗を体験談でご紹介
この記事を書いている人 - WRITER -

まだキャッシングを利用したことが無い人は、どういう流れかイメージしにくいと思います。

そこで実際にあった、キャッシングの成功談と失敗談を紹介したいと思います。

この体験談を通して、キャッシングを利用すると、どういった雰囲気になるのか感じてください。

カードローンの成功談

カードローンの成功談

30歳サラリーマンのAさんは、彼女の誕生日プレゼントを買うためにキャッシングを利用しようと考えていました。

彼女はシャネルのバッグが好きなので、Aさんはそれをプレゼントしようと思いました。

彼女が欲しいシャネルのバッグは12万円する高価なものなので、ちょっとお金が不足してしまいました。

Aさんはインターネットを利用して、条件が有利で評判も良いキャッシング会社を見つけ出しました。

利息も低いですし、審査も即日で完了します。

ネットからの申請で融資まで完了しますから、忙しいAさんにピッタリです。

スタッフも返済プランを複数提示してくれるので、自分で最適な内容を選ぶことが出来ました。

こうしてAさんは彼女にバッグをプレゼントすることが出来たのです。

もちろん返済も無理なく支払いが完了しました。

カードローンの成功談2

もうひとつ例を紹介すると、20歳大学生のBさんの話です。

Bさんはアルバイトをしているのですが、やはり学生なのでお金に余裕がありません。

そんな時に飲み会に誘われてしまいました。

そこでBさんは、学生でも融資してくれる学生ローン専門店を利用しました。

融資してくれる上限はかなり低いですが、学生専用ということで安心感があります。

即日振り込みをしてくれたので、Bさんは問題なく次の日の飲み会に参加することが出来たということです。

キャッシングで生活が良い方向へ

今回紹介した2パターンは、どれもキャッシングで生活が豊かになった成功例です。

こういった利用の仕方をするなら、有益ですし満足できますよね。

ぜひ自分でも満足できる使い方をしてください。

キャッシングはどうしても難しいというイメージが先行しています。

しかし、実際に利用してみると意外と簡単で驚きます。

間違った先入観は捨ててくださいね。

カードローンの失敗談

カードローンの失敗談

人生において、他人の失敗から学ぶことはたくさんあります。

そういう訳で、今回はキャッシングの失敗談を2つほど紹介したいと思います。

ぜひこの失敗談を反面教師にして、トラブルに巻き込まれないようにしてください。

多重債務に陥った際は、必ずおまとめローンなどで計画を立てて返済するようにして下さいね。

まずは33歳のGさんの話からしたいと思います。

カードローンの失敗談1

Gさんは建築会社に勤めているのですが、非常にストレスを感じていました。

ちょうど中間管理職になってしまい、部下と上司の両方に気を配っていたのです。

そんなGさんはストレス発散として、パチンコを中心とするギャンブルにハマってしまいました。

とにかく時間を強引に作ってでも、パチンコ店に行く日々を繰り返しました。

少ない小遣いでは、すぐにお金が無くなってしまいます。

そしてギャンブルをするためにGさんは借金をすることになります。

当然勢いで借りただけですから、具体的な返済プランもありません。

利息についても全く知識がない状態です。

最終的には返済に困って、家族にまで迷惑をかけることになりました。

カードローンの失敗談2

Cさんは段々とエスカレートしていったタイプです。

最初は借金について恐怖感を持っていたのですが、次第に薄れていきました。

そして借りる金額もアップしていったのです。

Cさんが一番悪かったのは、多重債務をしたことです。

融資には上限がありますから、それで満足することが出来ませんでした。

この多重債務というのは、一番やってはいけません。

利息もかなり高くなり、とても返済を出来る状況ではありません。

ある意味、Cさんのケースは取り返しの付かないパターンだと思います。

そもそも自分の行動をある程度抑えることで、返済を滞りなく行えるものです。

それが出来なかったCさんは、最終的に自己破産をすることになりました。

日本で自己破産をするとクレジットカードも作れなくなりますから、かなり日常生活に悪影響を与えます。

キャッシングの失敗談に共通していることは、見通しの甘さだと思います。

何も考えないで惰性で動くことは危険だと理解できましたね。

逆に言えば、それさえ気をつけていれば安心ということでもあります。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です