今より低金利のカードローンにのりかえる「借り換え」。毎月の返済額を減らすだけでなく返済総額にも減らすことが出来ます。審査に緩い借り換えローンもあるので詳しく解説していきます。

ヤミ金から被害を防ぐには

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

ヤミ金から被害を防ぐにはキャッシングを利用しないのが一番です。

しかし、どうしてもキャッシングを利用しなければならないこともあると思います。

そのような時は利用する業者は慎重に選びましょう。それが一番の対策です。

ヤミ金の見分け方

ヤミ金の見分け方

ヤミ金とは最近TVなどで取り上げられているので耳にすることも多いと思いますが非合法の金融会社の事です。

「貸金業登録」をしていなく、業態自体に問題が あり上限金利29.2%を超える利息で営業を行う業者もあります。

お金を借入する時は簡単に借りられても、返済時には元金の何倍もの金額になって請求が来る事も多いようです。

ヤミ金融は、下記に書いてあるいろいろな方法を利用して営業活動を行っている場合が多いです。

紹介屋(ヤミ金)

チラシ・看板・雑誌広告などに低金利など、いかにも有利に借りられるように記載してあります。

しかし、申込みをすると「他社を紹介する」「話を通してある」などと言葉巧みに他の金融業者を指定され、そこで契約すると「紹介料」や「手数料」を請求してきます。

整理屋(ヤミ金)

新聞や雑誌などで「あなたの債務を整理・解決します」「多重債務者もOK」などと宣伝し、電話をしてきた者から「整理手付金」などの名目で現金を預かり整理を引き延ばしたうえ、整理をしないで次々と騙し取る商法です。

押し貸し(ヤミ金)

申し込んでもいないのに、勝手に口座に振り込んできて、取り立てを行う業者です。

被害者の口座の情報が、ヤミ金融に回っているということです。

考えられるケースとしては、「以前借入れをした時の口座情報が漏れた」「以前ヤミ金融から借入れした」ケースの他、ヤミ金業者が「街頭アンケート」で巧みに口座番号を聞き出すこともあるようです。

システム金融(ヤミ金)

ターゲットとなる個人(破綻状態にある人がターゲットになります)をDM等で勧誘し、違法な利率で融資します。

もともと破綻状態の人ですから、しばらくすると支払えなくなります。

すると、別の社名で融資を持ちかけ同じように融資します。

同様に支払えなくなると、また別の社名で勧誘し融資する・・・というように、本当は同じ会社なのに数社の社名を使用して次々に融資し、違法な金利で返済させる悪質業者を「システム金融」と呼びます。

090金融(ヤミ金)

チラシなどの広告には、「090」「080」「070」(携帯電話など)で始まる電話番号しか記載しません。

だいたい高金利の無登録業者が多いようです。

実際、固定の事務所はもっておらず、申込すると、どこかに待ち合わせて車の中で契約し、お金を借りるなどしているようです。

そのため、被害に気づいても摘発が難しいのが現状です。

公衆電話やトイレの小さなチラシ(ヤミ金)

公衆電話や駅のトイレなどに、いかにも有利に借りられるような金融業者の小さなチラシが貼ってあることがありますが、紹介屋やヤミ金であることが多いので、利用しないほうが無難です。

本物そっくりのチラシ・ダイレクトメール(ヤミ金)

実在するキャッシングの実名を使ったチラシやダイレクトメールによる被害が増えています。

キャッシングの名前やロゴなど、実際に存在する有名なキャッシングの名前を記載し、連絡先だけヤミ金の電話番号になっていたりします。

有名キャッシングから、いかにも有利で借りられるような内容になっているのですが、電話をすると実はヤミ金融に繋がってしまいます。

買取屋(ヤミ金)

クレジットカードで高価な商品や転売できるものを大量に購入させ定価の3~4割で買い取って下取り業者に転売して多額の利益を得る商法です。

多重債務者は現金が手に入るので一時しのぎは可能ですが、そのうちクレジットカードの請求が来た時に損をしてしまいます。

8万円の商品をクレジットカードで購入して買取屋に3万円で売れば、一時的に3万円の現金が手に入りますが、後にクレジットカードの8万円の請求がきます。

結果さらに債務が増え悪循環に陥ってしまいます。

闇金の被害を防ぐ方法まとめ

闇金の被害を防ぐ方法まとめ

業者を選ぶポイントとして登録・営業所・連絡先等がしっかりしているか・・・利息・返済方法・手数料などをきちんと説明できるか・・・などの確認が挙げられます。

貸金業者は、営業所内に 「貸金業者登録票」及び「貸付条件表」の掲示が義務付けられているのでそれらも必ず確認しましょう。

ヤミ金、ヤミ金業者、ヤミ金貸付、 ヤミ金貸付業者からヤミ金対策して気を付けましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です